記事一覧

中華鍋焼き入れ

お客様の家のコンロ
空焚き防止センサーが働いてしまい、焼き入れが出来ない。

当店の鋳物のコンロで、お客様に替わって焼き入れです


ファイル 745-1.jpg
焼き入れ前と

ファイル 745-2.jpg
焼き入れ後

微妙な色の違いが判るでしょうか

楽チンPAN

ファイル 507-1.jpg

前後が高く返しやすい!
クッキングブックつき
23センチ(3色)
26センチ(1色)

デバイヤー

ファイル 486-1.jpg

デバイヤーミニフライパン

12㎝

ジンギスカン鍋

ファイル 263-1.jpg

以前 TVで放映された時は よく売れました〜

フライパンの柄

フライパンの柄が上に反っている理由

写真はいろいろなメーカーのフライパンを重ねて横から見たところです
ファイル 222-1.jpg
一番下のフライパンだけ本体から真っ直ぐに柄が付いてます
これだと、フライパンを振るときにヨーイングが起きて手が疲れてしまいます。
上に反った柄は、持ったときに安定感があり、又疲労感も少ないのでプロの御用達です。

自転車やバイクの直進安定性を高めるために、フロントフォークが斜めに取り付けられているのと同じような原理です。

北京鍋焼き入れ

左が焼き入れ後
 右側は焼き入れ前です
ファイル 162-1.jpg
全体がこんな感じになればOK

参考
http://www.tani0123.com/diary/archives/39.html

グリーンパン

従来のテフロンフライパンは使っている内に焦げ付きやすくなってしまうのが欠点でした。
それは、高温調理と空だきによるものがほとんど
ファイル 92-1.jpg
グリーンパンは耐熱温度450℃なので、
より高温での調理が可能になりました。

http://www.youtube.com/watch?

フライパンについて

ファイル 39-1.jpg

【鉄製フライパンを使う前に】

鉄製鍋は、錆止め加工の塗料が表面に塗布されています。

まずはじめに、その錆止め剤を焼き切る為に中火で空だきをして下さい。

黒い塗料が飛んで、(鉄本来の地金)が徐々に出てきますので、全体が変色するまで火を全体に回します。

全体が変色したら(地金が出てきて錆止め剤の煙が出なくなったら)一度火を止め冷します。

冷えてから鍋を中性洗剤で洗います。

次に、同じ要領で焼き入れをします...鍋が熱くなったら弱火にします。

ここから油を鍋全体に(鍋の縁迄)満遍なく塗布していきます。

(この作業は数回繰り返します)

この時、油に火が入らないように、必ず弱火で油を塗ってください。

鍋のサイズにもよりますが、大きい物ですと全行程に1時間位かかります。

全行程が終了するまで、途中で作業を中止しないで下さい。

そのために、時間的に余裕のある時に焼き入れをしてください。

油の層がテフロンコーティングの役割をしますので、ご使用後は洗剤を使わずにお湯のみで洗ってください。


正しい焼き入れをすることで、鉄製のフライパンでもコゲつきが少なく、テフロン加工に劣らない位のご使用が可能です。

テフロン加工のフライパンを長持ちさせるためには、空だきと高温
調理は厳禁です。
鉄のフライパン、中華鍋ならば家庭用のコンロでも余熱を十分にすることによって炒め物等とても美味しく出来ます。

本物です

直径90㎝のフライパンです。
ファイル 10-1.jpg
実際に使用出来ますが、今は看板として使用中です。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ