記事一覧

義経鍋

ファイル 619-1.jpg

義経鍋は、水炊きと焼き肉を一緒に楽しめる鍋料理。

義経が平泉に落ちのびる途中、弁慶が鴨を捕らえ、かぶとを鍋の変わりに使ったのが発祥とされる。
中央部は鍋になっており、野菜などを水炊きし、ポン酢で食べる。
周りの鉄板の部分は、花弁のように広がっており、青森県では馬肉を焼いて特製のタレで頂くのが一般的。
水炊きと焼き肉の2通り楽しめて様々な食材が頂けるので、栄養も豊富。
地域によっては焼くだけの義経鍋や、肉の種類が鴨・牛・猪・鶏・ウズラになるなど、バリエーションも豊富。